建売住宅と比べて注文住宅は自由度が高いところが魅力

家族に合った間取りにできる

戸建て住宅を安く購入するには建売住宅が良いとされています。住宅会社などがすでに建てている住宅で、土地付きで割安な価格で販売されています。すでに建てられているので間取りや設備の変更は難しく、購入後はその間取りに合わせて住む必要があります。建売に比べると購入価格が高くなるのが注文住宅で、間取りを自由に決められる点がメリットと言えるでしょう。家族それぞれに部屋を持たせたいなら設計段階で必要な部屋数を決められますし、各部屋とをどうつなぐかも設計で希望を伝えられます。自由度は高いもののあまり希望ばかり言っていると建築費用がどんどん上がってしまうので注意が必要です。建築士に予算を伝えておけば、予算の範囲内で希望が叶えられるような間取りを提案をしてもらえるでしょう。

使いやすい設備を入れられる

生活をするための設備としてキッチンやお風呂の他トイレなどもあります。建売住宅はすでに建っていて設備も全て取り付けられているので変更はできません。キッチンは幅の広さや高さの他収納によっても使い勝手が変わりますが、建売だと既に取り付けられているキッチンに合わせる必要があります。注文住宅のいいところは使いやすい設備を自分たちで選んで取り付けてもらえる点です。キッチンであれば希望の幅や収納の数、一番使う人の身長に合わせた高さの設備を入れてもらえるので合わせる必要がなくなります。設備にも高級タイプから標準タイプなどがあり高級タイプを選ぶと建築費用が高くなるでしょう。予算があるなら予算の範囲内で導入できる設備を選ばなくてはいけません。

© Copyright Features For Custom Built Home All rights reserved